苦手なりの受験英語(アルク版)

英文法の単元別 特徴・注意点(7)

投稿日:

単元名 【前置詞】

【特徴】
前置詞を1単語、1単語、個別の使い方を覚えるわけだが、普通は1回で覚えきれるものではない。

例題
次の英文の和訳例を作りなさい。
 He will come here in ten minutes.

誤答例
 彼は10分以内にここに来るだろう。
正解例
 彼は10分後にここに来るだろう。

解説
 未来時制の「in + 時間」は「〜時間以内」ではなく「時間後」である。

【注意点】
・前置詞は1年や2年で極められるものではない。私の師匠は「25年かかる」と言っていた。
・基本的な用法を覚えれば良い。基本だけでも数は多い。1度に覚えようとせず、少しずつ覚える感じで良い。
・日本人英語学習者は、間違えまくって当たり前。問題を解きながら間違いながら少しずつ覚えていく感じでOK。

【参考ページ】
私からはない。

 金曜日はいつもの文法放送。この続きは来週の月曜日です。

(↓目次はこちら)
目次ページへ

-苦手なりの受験英語(アルク版)
-

Copyright© 本気で嫌いな英語を何とかする方法 , 2021 All Rights Reserved.