苦手なりの受験英語(アルク版)

雑談 プロ野球・阪神タイガース:藤川球児のストレート勝負!

投稿日:

今日は雑談です。
ここでも紹介しましたが、私は野球好きでアンチ巨人です。実は阪神ファン。
今年は阪神が後半で調子よく、嬉しく思う今日この頃です。
優勝するかも〜〜〜(‾ー‾)ニヤリ

ふだんブログで「英語ができる人」と「英語ができない人」の思考回路? について私はよく書きますが、今日は「男の脳」と「女の脳」の違いについてちょっと関係するかもしれません。もっとも、それ以前に「野球に興味があるかどうか」が前提なんですがw

阪神タイガースに「藤川球児」というピッチャーがいます。
知らない人に簡単に説明すると、彼は「とんでもない豪速球を投げる投手」です。
速い! 速い! 速くて打てない!

プロでも普通のピッチャーは、カーブ、フォーク、チェンジアップ、スライダー、などの多数の変化球を織り交ぜます。
しかし、藤川は違います。少なくとも「オールスターゲーム」では直球(ストレート)しか投げません。
理由は「お客さんは僕のストレート以外は見たくないでしょうから」というものです。

藤川は「速球しか投げない」ことをバッターにあらかじめ公言していました。
バッターだって強打者ぞろいです。だからバッターは速球のタイミングで待って打てば「普通は」簡単に打てます。

ところがどっこい! 
並み居るバッターは「藤川が速球しか投げない」ことが分かっていても、その速球を打てなかったんです。

「俺は速球しか投げない。俺のストレートが打てるもんなら打ってみろ!」
バッターも「それならば!」と、概ね「フルスイング」で藤川の速球に答えていました。
こういうのに男としては「こういう勝負」にものすごくしびれる部分があるのです!

ですが、たぶん多くの女性は「はあ? なんでそんなにしびれるの?」と思うんじゃないですかねえ?
少なくとも俺の近辺の女性の皆さんで「しびれた方」は誰も居ませんでした。(T T)
まー分かっていたことですけどね〜〜w

男は↓を見てしびれましょう!(^o^)ノ★
2006年のオールスター (こっちのほうが、かっこいいです)
2007年のオールスター

明日は文法放送です。よろしく〜。レギュラーの話は来週の月曜日からです。

-苦手なりの受験英語(アルク版)
-

Copyright© 本気で嫌いな英語を何とかする方法 , 2021 All Rights Reserved.