苦手なりの受験英語(アルク版)

タイプ別・入試までの受験生の生活(英語編)(3)

投稿日:

では、参りますね。各タイプの性格についてはこちらを参照してください。

【時期:今頃(受験の前年の1月〜3月)】

(1)のほほん学力少型
「あ、なんか周りが勉強しだしたぞ」と思い始める。
とはいえ、特に何もしない。
そもそも、定期試験を乗り切るほうで頭が一杯のはず。

(2)対策考え型
「あ、なんか周りが勉強しだしたぞ」と思い始める。
良い塾はないかと探し始める。
みんながどこの塾に行くのかなどを調査する。

(3)静かにノルマ型
既に塾に通い始める。
周りに合わせて、ちまちま学習する。
予定をそれなりに考えて学習しているが、どうしても遅れがちになる。

(4)ガリ勉型
とっくに塾に通っている。
とにかく、塾のペースにあわせようとする。
英語が苦手であれば、ペースは落ち気味。でもがんばる
英語が普通以上であれば、じくじくそのままがんばる。

(5)のほほん学力高型
「あ、なんか周りが勉強しだしたぞ」と思い始める。
とはいえ、特に何もしない。
実は「普段から英語に触れようと躍起になっている」ので、英語で困らない。定期試験もすらすら解けるの問題なし!

という具合です。

ちょっと(1)(5)に注目!
振舞い方はよく似てるんですよ!
でも、明らかな違いがありますね。そこを認識してほしいです。

では続きは、木曜日です。

(↓目次はこちら)
目次ページへ

-苦手なりの受験英語(アルク版)
-

Copyright© 本気で嫌いな英語を何とかする方法 , 2021 All Rights Reserved.