苦手なりの受験英語(アルク版)

マウスバードの英語教育の見解(番外編)

投稿日:

今日はちょっと派生系の話をする。いつものパターンでないことをお許し願いたい。

-------------

 はたまに、英語好きな人から「あなたはなぜ英語が嫌いなのですか?」と聞かれることがある。

これについてどうしても語りたい。こんな自明な理由を聞かれると、正直、相手に対し「あなたは大丈夫ですか?」と聞きたくなる。小学1年生でもわかりそうなものだが、英語が好きな大人の多くは、分からないらしい。

----

 彼らにこういう返事(会話)をする場合が多い。

   「質問に質問で返して悪いですが、あなた数学が好きですか?」

こう聞くと多くは、英語好きの方がの多くは以下のように答える。(以下、しばらく会話)

英語好き「いいえ! 数学なんて大嫌いです。見たくもありません」

   「あなたはなぜ数学が嫌いなんですか?」

英語好き「え〜 だってあんなのわけわかんないじゃないですか」

   「ふむふむ。では成績の方はどうだったですか? 良かったですか?」

英語好き「正直悪かったです」

   「ほうほう、じゃあ数学勉強しなかったんですか?」

英語好き「正直どちらかと言えばやってないほうですね」

   「ほうほう、ではなぜやらなかたのですか?」

英語好き「いや、それなりにやったとは思うけど、やりにくかったし...。」

   「ふむふむ。だから数学が嫌いなのではないでしょうか?」

英語好き「そうですね。あなたも同じでしょ?」

   「いいえ

英語好き「え?」

   「なぜあなたは「同じだ」と思ったのでしょうか?」

英語好き「え、いや、なんとなくと同じだと思って...」

   「同じだったら同じ人間になってしまいます」

英語好き「はは。そうですね」

   「じゃあ、そろそろ【がなぜ英語嫌いか】を言いますね。」

英語好き「はい」

  に取って【英語】は
    ・わけが分からず
    ・成績が悪く
    ・勉強してもやりにくかった
    からです。
   つまり【あなたが数学を嫌う理由と全く同じ】。」

=========================

以上である。
実に単純。

しかし英語好きな方は【こんな自明な理由】がなぜかわからない。

その理由を考えた。
 ⇒英語好きな方は「あなたマウスバードのような英語嫌い)も自分と同じ感覚に違いない」と思い込んでいるから

違うだろうか? 

ちなみに私は「日本史」が大好き。誰かと会話をして、もしもその相手が「歴史嫌い」の場合、私は歴史の話題を避ける。

しかし、英語好きの方の多くは、↑これと似たような行動を取らない。彼らは私が「英語嫌い」とわかると、なぜか「英語の良さ」「素晴らしさ」を語り始める。英語のフレーズなんかを口走り、英語ってかっこいいよねー と「英語の押し売り」を開始する。そして飽きるまで辞めない。

 不快なこと極まりない

 金曜日は文法放送。この続きは来週の月曜日です。

(↓目次はこちら)
目次ページへ

-苦手なりの受験英語(アルク版)
-

Copyright© 本気で嫌いな英語を何とかする方法 , 2021 All Rights Reserved.