苦手なりの受験英語(アルク版)

英語が苦手…「何からやれば良いのか」に答える!(2)

投稿日:

さて「何からやれば良いか」です。私自身も中学や特に高校時代ず〜っとそれで悩んでいました。

当時も今も、もらう返事で一番多いものは以下です。

(1)何事も楽しめることが大切です。
(2)何事も慣れが重要です。
(3)洋楽や易しい英文から慣れるのはいかがでしょうか?

--------------

何からやる」という疑問に関しては、

  洋楽や易しい英文から慣れる

が1つの答えですね!

英語が苦手な人は、そんなものとっくに実践してるんですよ!

 それでもできないのが英語が苦手な人です。

洋楽こうなります

じゃあ、易しい英文はどうなるか?

私の頃は「イングリッシュ ●ドベンチャー」とかいうのが流行ってましたね。
私は初級者コースを取りました。

なんかペーパーブックを使うようです。
それだけではなく、1文1文解説が書いてある別テキストがついてました。

まず「内容は普通かな」でした。

・頑張って、2、3ページ読みました。

分からない単語が1行に3つぐらいありました

・テキストに単語の意味でも書いてあればいいのに、「易しすぎる単語であったのか」、私が知りたい肝心の単語の意味は書いてありませんでした。

要するに、自分で調べるのか! これじゃ、普段の学校のリーディングの授業と同じじゃないか!

それでも我慢して、少し読みました。

 わかんね… わかんないからつまらね… どこが易しいの? これで易しいの?

待っていたのは「劣等感」だけでした。

以後、書棚の肥やしになりました。

大体、易しい英文なら、中学1年生の英文のほうが圧倒的に易しい
こちとら、中1で躓いているんだ! \(`o´ )/=3

----------

既にこうなっていたのですよ。私が高2ぐらいのときは!

つまり、「洋楽や易しい英文から慣れる」…のは答えになっていないのは明白なのです。

しかし…

続きは木曜日に更新します。

(↓目次はこちら)
目次ページへ

-苦手なりの受験英語(アルク版)
-

Copyright© 本気で嫌いな英語を何とかする方法 , 2021 All Rights Reserved.