未分類

What を克服せよ!(16)

投稿日:

前回で出した英文
Lend me what money you have.

「この文は疑問文ではないけれど、この what は関係代名詞のwhatではなさそうだ」…というのが前回まででしたね。

この続きに行きます。
実は、疑問文を作るwhat でも、関係代名詞のwhat でもない場合、もう1つ可能性があります。
それは

関係形容詞の what

なのです。ここでは、残りの可能性として「このwhatは関係形容詞のwhat」として話を進めます。

関係形容詞のwhat は =all the と置き換える、と学習します。
では取り替えますよ。

 Lend me what money you have.
=Lend me all the money you have.

さあ、この意味は分かりますか?

ポイントは
 Lend me all the money  you have.
                ↑ここらへんです。

all the money  you have.
         ↑ここに「あるもの」が省略されているのです。
         分かりますか?

ほら! have って「他動詞」じゃないですか!
でも、have の右側に目的語になる名詞がない
なぜないのでしょう? 分かりますか?

これを解くヒントのページを出します。
関係詞の謎と得意・不得意(14)

分かりますか?
実は all the money と you have の間に「関係代名詞の目的格」が省略されてしまったのです。

つまり
all the money which you have.
本当は which より that のほうがこの場合は良いです。先行詞にall がある場合は、which より that のほうが良いとされる

ここでは、which のままでやりますね。

 all the money (which you have).
の意味は分かりますか?
⇒「あなたが持っている全てのお金
となります。
 ここまで良いですか?

では前半。
 Lend me all the money.
ここまでの意味は分かるのではないでしょうか?
⇒「私に全てのお金を貸してくれ
ですよね。

ではつなげて
 Lend me all the money (which you have).
⇒「私に あなたが持っている全てのお金 を貸してくれ
となります。

ところで
 Lend me all the money (which you have).
=Lend me all the money you have.
そして
Lend me what money you have.
でしたよね。

つまり、
 Lend me what money you have.
の意味は
⇒「私にあなたが持っている全てのお金を貸してくれ
となるのです。

これが関係形容詞のwhat です。
お分かりいただけたでしょうか?
what にはこんなのもあるんです。

いかがだったでしょうか?
次回は what のまとめをしますね。
このシリーズの最終回です。
木曜日に更新します。

(↓目次はこちら)
目次ページへ

-未分類

Copyright© 本気で嫌いな英語を何とかする方法 , 2021 All Rights Reserved.