集団講義授業集団講義移行前提個別授業
<市販の教材を使うことになります。生徒が1名でも2名以上でもこのコースになります。今現在は、集団講義にはなりえず、実質「個別(1対1)」となります>
対象
社会人・大学生で、文法もしくは英文解釈の学習を希望される方。特に「英会話教室はいくらでもあるのに、英文法が学べる学校がなくて困っている方 海外に行かれたのに現地で英語が身に付かず困っている方が対象です。

テキスト
一般市販教材(原則弊社指定一般書籍です。書店やamazonなどで購入可能です)
費用(月極)
週1回10000円、週2回20000円、週3回30000円(※いずれも税込) 
内容
基本的に文法を学ぶコースです。予習必須の本格学習です。
リーディング(英分解釈)をご希望の方はその学習もできます。どちらの場合もテキストはこちらの指定が原則です。別教材をご希望の場合変えることができますが、その場合、市販教材に限らせていただきます。

<基本文法学習>は通常
・週1回で8ヶ月
・週2回で3ヶ月~4ヶ月
・週3回で2ヶ月~3ヶ月
 で終了します。
全体ではなく、部分的に学習をしたい方はご相談に応じます。
時間帯
原則 月曜~金曜 午後6:00~7:30 午後8:00~9:30 午後10:00~11:30 の各時間帯を1コマとし、埋まっていない時間帯を授業時間とします。
なお、午前中や昼時間、深夜も希望の場合は可能です。特に海外在住者は時間帯を合わせます。(過去に深夜2時から行っていた事があります。)90分を1コマとします。
受講体験記
●社会人コース
 
藤本憲志さん

英国・York St John 大学大学院へ
イギリスに行って住んでも英語はダメだった!
現地で困った末に見つけた日本からのネット授業を受講。その後の半年で英語をマスター


 私は「ひとまず留学してバンバン話しさえすれば英語はなんとかなる。」という超甘い考えで退職金をはたいて半年間渡英しました。しかしそこで待っていたものは、理想と現実のギャップでした。たとえば・・・
 ・渡英早々、ホストファミリーの言っていることがさっぱりわからない!
 ・現地で外国人留学生向けの学校に通ったが、クラスメートの会話が全くわからない(英語を話しているようには聴こえませんでした)!
 ・現地の先生の言っている英語がちっともわからない!

挙句の果てに
 ・クラスメートに「あなたの話す英語はさっぱりわからないから喋らんといて!(あ。もちろん英語で)」と言われ(正直これが一番こたえました )
 ・英作文の授業で先生から「あまりに文法がむちゃくちゃすぎるからもう一度文法をやり直した方がええよ」と言われた
などなど数え上げればきりがありません。

 これらの苦い経験のおかげで、これまで避け続けてきた「英文法をやり直さなければ」という危機感が生まれました。しかしイギリスという遠い地で一から文法を教えてくれるところもありませんでした。そこでたどり着いたのがマウスバード先生の「インターネット授業」でした。

 先生には(まずイギリスで3ヶ月間)毎週金曜日、日本時間で朝5時から(現地時間では夜の8時から)まず文法の授業をしていただきました。

 最初は英文法の薄い問題集を徹底的にやりました。問題文と解答の両方を逐語訳する作業はたいへんでした。帰国後、文法の学習を終えた後にいよいよIELTS試験の問題集に取り組みました。特にリーディングの「7回音読」トレーニングがとてもきつかったですが、これが結果的に私の「英語体力」を強化してくれました。それまで勘や感覚に頼っていた難しく長い英文が「読める!」「解ける!」のですから!

 インターネット授業のメリットは、個人の英語レベルや試験のスケジュールに合わせてプランを立てていただけること。 そしてわかるまで質問できること。あと場所や時間を選ばないこと、ですね。

 最終的にはIELTS試験のリーディングで目標だった6.0を取ることができ、2015年の9月に念願のプレマスターへの再渡英が決まりました。50歳を過ぎてからでも文法をしっかりやれば大丈夫という自信をいただきました。本当にありがとうございました。
 
  (補足:IELTS…英語熟練度を測る試験の1つ。ジェネラルとアカデミックの2種類がある。ジェネラルはオーストラリア、ニュージーランド、カナダへの移民の必要条件となっている。アカデミックはイギリス系の大学・大学院に入学する際に指標とされる。藤本さんが受験されたのはアカデミック)
下の動画はYe-Studyゼミナールがyoutybeに投稿している
3分間英文法動画講義
の「第2回 関係詞(2):後編」です。参考にご覧ください
必要環境
ソフトフェア
機材
(必要な場合と不要な場合があります)
ノートパソコン
最近のノートパソコンはwebカメラとマイクが内蔵されている場合が多いです。この場合はwebカメラとマイクを購入する必要がありません。ただし、より良い画質や音声をお求めの場合はwebカメラとマイクをご手配下さい
デスクトップ
webカメラとマイクが必要です(内蔵されているケースを除く)。最近はマイク付きwebカメラががあり、別々に買うよりも安い(1900円程度から)です。これ1つで十分です
通信環境
ISDN以上の環境(ISDN、ADSL、光ファイバー、ケーブル接続)が必要です。
授業開始まで
の流れ
 
こちらで記入事項を記入し、ご送信をお願い
いたします。
1両日中に折り返しメールが届きます。
(接続テストの実施日のご相談
など旨のメールが届きます)
お客様の方で
(1)テレビ電話装置のセッティング
(2)Skypeのセッティング
の2つをお願いいたします。
接続テストを行います。
無事接続が確認された後、そのまま授業方針の
説明に移ります。
今後の方針(教材など)を相談の上決定します。
授業料のご入金をお願いします。
規定した日より授業を開始します。
 
現在の
タイムテーブル

(2017年6月時点)
 
午前中フレキシブル(時間帯は任意
:概ね9:00~12:00内で90分)
講義あり      
講義あり      
講義あり      
日中フレキシブル(時間帯は任意
:概ね13:00~17:30内で90分)
講義あり      
18:00~19:30
講義あり      
講義あり

講義あり      
 
講義あり
土曜は原則生徒様の補講
20:00~21:30
講義あり      
講義あり      
講義あり

講義あり
 

講義あり
 
22;00~23:30
講義あり
講義あり      
講義あり
講義あり
午前中および日中フレキシブルの時間帯はお客様が1コマ90分で時間帯を決められます。
お問い合わせ
(アドレス contact[あっとマーク]ye-study.com)ください
以上は、2017年6月22日現在の情報です。内容は予告なく変わることがあります
授業についてのお問い合わせは、メール(アドレス contact[あっとマーク]ye-study.com)をお送りください。(もし返信が長時間届かなかった場合、迷惑メールフォルダをお確かめください。返信のメールがスパム扱いになっている可能性があります。その際は受信設定にye-study.comをご設定ください。)