苦手なりの受験英語(アルク版)

なんで余計な教材・参考書をやるの?(6)

投稿日:

 まずいつもの前提を書きます。
 今回のターゲットは「英語が苦手な人」です。偏差値が40台かそれ以下の人と考えて下さい。少なくともいつも平均以下の点数しか取れないような人がターゲットです。また「高校生・浪人生」をターゲットとします。ここは「苦手なりの受験英語」ですから。浪人生も含めますが、基本的には「予備校生」を想定しています。宅浪生は想定していません。

---------

今日は
 高校当時のが欲しかった教材
・英文を見ずに
・なぜか突然英語ができるようになるような教材

そして
定期試験で困らなくなる教材
 だった。...これについて考えます。

「英文を見ずに」...なんと都合よい考え方でしょう。でもなんか今は「聞き流せばいい」みたいな教材があるようですね。周りに試した方いらっしゃいますか? いらしたとして、
・その人が「英語の偏差値が40台かそれ以下の高校生か浪人生」で、
・そのおかげで偏差値が上がった!(55以上になった!)
という人が、もし1人でもいらしたら、ここにコメントをください。

 試した人はたぶんたくさんいらっしゃるのではないしょうかね? 私が今、高校生で、そして当時の乏しい英語力しかなかったら、この教材を試したと思います。でも試したら「少なくとも次の感想になることは間違なかった」でしょう。

仮にこれらを覚えても、次の定期試験には1点も響かない。模試にもまず響かない!

だって、定期試験用に作られた教材ではありませんから。まして受験用でもない。
つまり
 →突然英語ができるようになるような教材ではない
 →いきなりテストで平均以上が取れたり、偏差値が55になるような教材ではない
ということは間違いないわけです。
でも、わらをもつかむような方にはそう見えずに買ってしまうようです。当時の私ならば、他人がなんと言っても買うような気がします。
で、前回の話ような結果になることでしょう。
つまり
まだ試験範囲の学習をちゃんとしたほうがまだましだった
と反省することになったでしょう。

ようするに、英語ができない高校生の問題は
・「試験範囲の英語の学習をちゃんとできない」ことにある

のです。

でも、英語が苦手な人は、授業だろうが、定期試験勉強だろうが

・英語は見たくない
・単語・熟語を調べたくない
・和訳例なんか書きたくない
・単語なんか覚えたくない
●だいたい「どんなところが試験に出るかわからない!」

 だから⇒英語の勉強のしようが無いわけです。↑これらを解決してくれる「参考書」が世の中にあるでしょうか? そんなものは無いです

 つまり結論としては
英語が苦手な人が
・定期試験で困らなくなる教材・参考書なんかこの世に無い。
英語が苦手な人は
●余計な教材や参考書などやっても、
・授業で少しも楽にならず
・定期試験にも反映しない

ということです。

 どうですか? そこの英語が苦手な皆さん? そうは思いませんか?

次回は、予備校の浪人生のケースについて書きます。
今週の金曜日はいつもの文法放送。この続きは来週の月曜日です。

(↓目次はこちら)
目次ページへ

-苦手なりの受験英語(アルク版)
-

Copyright© 本気で嫌いな英語を何とかする方法 , 2021 All Rights Reserved.