苦手なりの受験英語(アルク版)

受験 英語嫌い 克服の極意(13)

投稿日:

ここから数回にわたって「気構え・覚悟」について書きます。

少し前に書きましたが、英語嫌いな人はアルファベットなんか見たくないのです。「見たっていい」ではないのです。見ないのです。

久しぶりにここへのリンクを貼りましょう。
英語が嫌いな人がアルファベットを見るには「相当な覚悟」が必要なのです。

今回は、この「覚悟」の話からいきます。

無論、アルファベットを見るには覚悟がいるのですが、今回(から数回)はその話ではないです。
学習法の話です。

1回目の今回は「得意な人の意見をどう考えるか」という話をします。

-------------------------

世の中にはいろんなタイプの人がいます。

・多数意見に流されやすい人・人の意見に影響されやすい人・されにくい人・それどころか絶対にされない人
・色々試そうとする人、試さず1つに固執する人

様々です。

今回は「多数意見に流されやすい人・人の意見に影響されやすい人向け」の意見です。

前回のまとめをちょっと確認しましょう。前回私はこう書きました。

-------------------

★まとめ
日本語訳例を必ず考える
文法を身に付ける

これが、英語が嫌いな人にとって結局「」な学習法。

-------------------

実はこの続きも注目して欲しかったのです。

-------------------

ちなみに、英語好きな人からはよく【】が薦められます。・日本語なんか考えない、文法なんか基本ぐらいで後はどうでも良い

-------------------

私が何を言いたいか分かりますか?

普通の英語の先生や英語の得意な人からは、
たいてい↓こう言われるんですよ。

日本語なんか考えるからオマエは英語ができないんだ
文法なんか基本ぐらいで後はどうでも良い

--------------------

英語の先生や得意な人が↑こう言うのですよ。こちらのほうが多数意見のような気がします。

そうすると、
「多数意見に流されやすい人・人の意見に影響されやすい人」は「そうなのか!」と思ってしまうのです。

本当そうでしょうか?

確かに、英語が得意な人の多くは「日本語訳なんざあまり考えない・文法知識があまりない」という人が多いです。

ここでアホは「じゃあそうなんじゃないか」と思います

冷静な人は↓こう考えるはずです。

じゃあ、「日本語訳なんざあまり考えない・文法知識があまりない」という得意な人は、最初英語が嫌いだったの?

違うはずです。つまり、前提条件が違うのです。

ぜひ↓こういう人を「1人」でいいので見つけてください

英語が大嫌い、大嫌いで、苦しんで苦しみまくっていたのに、
 ↓
日本語訳なんざあまり考えない・文法知識は基本だけ」で
 ↓
英語が得意になった高校生・受験生

本当にぜひ探してください。戦前から長く続く大学受験の歴史上でそんな人は1人もいないはずです。

----------------

「多数意見に流されやすい人・人の意見に影響されやすい人」は「得意な人の多数意見なんだから間違いないはずだ」と思ってしまう可能性があるのです。

ちょっと調べれば分かるはずです。
「英語が嫌いでどうしょもなかったのに、「日本語訳なんざあまり考えない・文法知識があまりない」という状態で、英語が得意になった人は歴史上1人もいないことぐらいは!

----------------

私は、どうも人の意見に流されないようです。というか英語ができる人の意見が「変」に感じてしょうがなかったのですが。

得意な人からどんなに「オマエは文法やりすぎじゃないの?」と言われても、私は反論していました。

参考

頑強に得意な人の多数意見を否定し続けました。だから私は英語が得意になったのです。

「英語が好きで得意な人の意見を頑強に否定し続ける意志」

これを、「多数意見に流されやすい人・人の意見に影響されやすい人」には持ってもらいたいのです。

明日は、いつもの文法放送。
月曜日は「臨時のお知らせ」をします。この話の続きは来週の木曜日です。

(↓目次はこちら)
目次ページへ

-苦手なりの受験英語(アルク版)
-

Copyright© 本気で嫌いな英語を何とかする方法 , 2021 All Rights Reserved.