苦手なりの受験英語(アルク版)

高3当時の今頃の私のアホさ加減

投稿日:

高3当時の私は今頃どうだったのか、何をやっていたのか…
これについてちょいと書いてみましょう。
まあ、アホさ加減を笑っておくれ!

【学力】
現役(高3)では模試を1度だけ10月頃に受けた。あまりよく覚えていないが、
国語がその模試の全受験生の中で下から2位だったことは覚えているw 偏差値は20台だった気がする。
英語意外なことに、国語よりも良かったw もっとも偏差値は余裕で30台だったが。

【受験用学習科目】
英語・国語・(世界史)・小論文
とりあえず、英語があまりにも駄目だったので、英語を重点的に学習していた(つもりだった
国語は「出たとこ勝負」しかなかった。世界史は途中までがんばったが、まるで物にならなかったので、秋にはあきらめた。
そこで「小論文ならば勉強しなくても何とかなるだろう」と甘く考えて、小論文を選択した(この考えは蜂蜜漬けのチョコレートより甘かったw)
(補足1・小論文はある意味英語以上にすんげえ難しい、ということを知ったのは浪人したときだった)
(補足2・浪人のときは社会の選択科目を「世界史」から「日本史」に変えた。歴史が好きなのでどちらでも良かったが日本史にした。中途半端に学習した世界史よりも日本史のほうが年号をしっかり覚えていたからである。これは私にとって大成功であった)

【生活】<勉強編>
2つの小さな塾に通っていた。1つ集団形式の塾であったが、私はあまりに成績が悪すぎてその講義に付いて行けない
そこで、その集団塾の授業内容のフォローのため、もう1つの個別の塾に通っていた
単語・熟語をを覚えるノルマがあった。通う直前に電車の中など必死に覚えるが、満足に覚えきれなかった。よくその塾の授業中に覚えていたw特に単語は。
記憶定着率はすごぶる悪かったw

【生活】<勉強以外編>
学校が終わると、すぐにゲームセンターに向かう。塾がある日は塾が始まる時間までゲーセンで遊ぶ。
塾がない日は、6時まで(高校生でいれるぎりぎりの時間まで)遊びほうける
家に帰れば、飯かテレビかファミコン。(俺はファミコン〜スーファミ世代)12時までゲームばかりやっていた

さあ、私は高3の時、1日にどれだけの時間勉強したでしょうか?

ただですね、当時はこれでも当時の我慢の限界まで精一杯勉強したんです。
これ以上は私には当時不可能だったのです。私の感覚では「当時これでもものすごく勉強していた」のですよ。
めちゃくちゃ辛かったw 浪人時代のほうがはるかに楽でしたよw

ということで、私は高3のときめちゃめちゃ勉強していました。
信じてもらえますか?
信じてもらえないでしょうな〜〜〜
あはあは〜〜〜トホホ……
_|‾|○
(その後の話、浪人生活などはこちらをどうぞ)

明日はいつもの文法放送です。新しいシリーズは月曜日から始まります。

-苦手なりの受験英語(アルク版)
-

Copyright© 本気で嫌いな英語を何とかする方法 , 2021 All Rights Reserved.