苦手なりの受験英語(アルク版)

thatを克服せよ!(8)

投稿日:

今回は「that識別表」
(14)この that は主格の関係代名詞のthat。この場合「that だけの意味」を訳出することはできない。
になったケースを詳しく紹介します。

【関係代名詞・主格のthat】
レベル低。 中学校でも習う。英語が苦手な人でも「主格の関係代名詞」は that であっても、目的格の関係代名詞と違い、割と得意である。
基本例文
(a)This is the man that killed her.(この人が彼女を殺した人)
(b)She lives in the house that stands on the hill.(彼女はその丘の上に立っている家に住んでいる)

出現率は10%ぐらいと思った方が良い。

主格の関係代名詞って何?】と「ここがよく分からない苦手な人」は
↓のシリーズをちゃんと全部読むように!(目的格の説明も混ざっていますが)
関係詞の謎と得意・不得意(9)

(a)This is the man that killed her.
⇒[killed her.]   killed の「主語」に当たるものがない!
つまり⇒「主語が欠けているのだ!
 (だから、主格の関係代名詞が使われる)

(b)She lives in the house that stands on the hill.
⇒[stands on the hill.]   stands の「主語」に当たるものがない!
つまり⇒「主語が欠けているのだ!
 (だから、主格の関係代名詞が使われる)

-------

関係代名詞を学ぶとき、文法的には、基本学習で以下のように習う。

 「★主格の関係代名詞は that が使える

具体的には、

(a)は who代わりthat が使える。(口語なら who も可) 
 This is the man who killed her.
=This is the man that killed her.

(b)は which代わりthat が使える。
 She lives in the house which stands on the hill.
=She lives in the house that stands on the hill.

関係代名詞の主格は、関係代名詞の目的格と異なりは、省略できない
つまり、

(a)は
 This is the man who killed her.
=This is the man that killed her.
×This is the man killed her.

(b)は
 She lives in the house which stands on the hill.
=She lives in the house that stands on the hill.
×She lives in the house stands on the hill.

-------------------------------

今回は以上です。明日はいつもの文法放送。この続きは月曜日です。次も短いです^^;

(↓目次はこちら)
目次ページへ

-苦手なりの受験英語(アルク版)
-

Copyright© 本気で嫌いな英語を何とかする方法 , 2021 All Rights Reserved.